横浜市戸塚区外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市泉区K様邸で外壁塗装(水性セラミシリコン)

施工前

施工後

お客様 横浜市泉区 K様邸
工事内容 外壁塗装
使用した塗料 水性セラミシリコン

施工ポイント

横浜市泉区のK様から外壁塗装のご依頼を頂きました。

今回外壁塗装に使用した塗料は水性セラミシリコンです、

塗料には、大きく分けてアクリル、ウレタン、フッ素、シリコンの4種類があります。

このなかで住宅に最も使われているのがシリコン塗料です。

ここでは、シリコン塗料の優れた特徴をお伝えします。

シリコン塗料の優れているところ

塗料には樹脂が配合されていますが、その主成分にシリコンを用いた塗料のことをシリコン塗料といいます。

最近の外壁塗装用の塗料としてスタンダードな種類であり、耐用年数に優れコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

塗料の耐用年数は種類によって異なり、ウレタン塗料やアクリル塗料は6~8年程度で劣化するので、再塗装が必要になります。

シリコン塗料の場合、外壁に塗装した場合で10~15年、屋根の塗装でも8~13年と、ウレタン塗料やアクリル塗料よりはるかに長持ちするのが大きな特徴です。

そのため、塗り替えの頻度が少なくなり、住宅に長く住めば住むほど節約効果が実感できます。

シリコン塗料の性質

また、シリコン塗料で塗装するとツヤや光沢が生まれるため、仕上がった時の美しさが違います。

汚れにも強く、建物の美観を長期間損ないません。

さらに、種類によっては非常に高温でも耐えられる塗料があり、火事の拡大を防ぐ効果も期待できます。

そのうえ、水分を透過しにくい性質を持つため、湿気の多い環境や雨の多い地方でも建物を劣化から守ります。

フッ素塗料と比べると

シリコン塗料よりさらに長い耐用年数を持つのがフッ素塗料ですが、シリコン塗料より価格が高いのがネックです。

フッ素塗料で塗装した外壁は15年以上塗り替えの必要がないのがメリットですが、価格に1.5倍ほどの差があるため、どちらの塗料かで迷った時にはとりあえずシリコン塗料を選んでおく方が後悔が少ないでしょう。

耐用年数、性質、価格のトータルバランスが非常に優れた塗料です。

シリコン塗料より安価な塗料を選んだ方がよいケース

ただし、シリコン塗料を選ばない方がよいケースもあります。

たとえば、数年以内に現在の自宅を引き払うことが確実な場合です。

あと数年外壁を保護してくれるだけでよいのであれば、シリコン塗料より価格の安いウレタン塗料の方が無駄な出費がありません。

重要なのは塗装の技術

シリコン塗料の優れた特徴について見てきましたが、どの種類の塗料を選ぶにせよ、より重要なのがしっかりした塗装技術です。

そのため、塗装業者の選別には慎重を期さなくてはなりません。

横浜市戸塚区や泉区にお住まいの方は大津塗装までご相談下さい。

当社は下地の補修や下塗りから徹底的にこだわり、最高の仕上がりを実現できるように努めている塗装業者です!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁コミコミプランを始めました!

  2. なぜ屋根塗装で足場が必須なのか、その理由を3つ紹介

  3. 横浜市港南区G様邸で外壁塗装

PAGE TOP