横浜市戸塚区外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市で店舗兼住宅外壁、鉄部塗装工事

施工前

施工中

施工後

お客様 横浜市 店舗兼住宅
工事内容 外壁塗装、鉄部塗装工事
使用した塗料 外壁:下塗りダイナミックフィラー、上塗りダイナミックトップ
石調:下塗りダイナミックシーラーアクア、上塗りダイナミックトップ
鉄部:錆止めスーパーザウルス2、中塗り上塗りパワーMシリコン

施工ポイント

横浜市で店舗兼住宅で外壁塗装、鉄部塗装工事を行いました。

築15年で初めての塗り替えという事で、クラック、爆裂が多数見受けられたので、下地補修をしっかりしてから下塗りをクラックが出にくいマスチックで厚付けしてから仕上げました。

鉄部は、錆等あまり出ていなかったので食い付き等を考慮した施工をしました。

塗装作業というと、ただ表面に塗料を塗るだけの作業をするわけではありません。

実際に塗る作業をするまでには、既存の表面の状態をチェックし、補修が必要な場合には補修作業を行います。

亀裂が入っている部分を無視して上から塗料でカバーしたとしても、亀裂の中に潜んでいるトラブルの原因は、遅かれ早かれ塗膜のトラブルとなってしまいます。

亀裂やヒビをしっかりと処理することは、信頼できる塗装店なら決して省略することがない工程です。

また、塗装作業を行う場所や高さによっては、安全のために足場を組む作業が必要となります。

コストを抑えるために省略しましょうと提案する塗装店は少ないですが、もしもそんな塗装店があるとしたら、それは作業をする職人の安全を危険にさらすということになります。

しっかりと安全を確保した上で作業をしてくれる塗装店を選びましょう。

養生は必要?

塗装工事においては、塗る前に養生を行うのが一般的です。

これは、塗料が垂れてガラスなどに付着するのを予防するための対策で、塗料がつくと困る場所を中心にビニールなどで覆う作業を行います。

塗装面の周囲を全てビニールで覆うというわけではなく、環境や対象物に応じて決めるわけですが、ガラスのすぐ隣を塗装しているのに養生をしないような塗装店は、後からトラブルが起こりやすいですから要注意です。

塗装は3度塗りが基本

塗装店を選ぶ際には、しっかりと下塗りから中塗り、上塗りと3回塗りを実行する塗装店を選びましょう。

これは、同じ塗料を3回重ね塗りしているというわけではなく、下塗りは素地と塗料との接着剤的な役割をや足しますし、中塗りと上塗りをしっかり行うことで、塗膜を十分な厚さにし、耐久性を高めることができます。

中塗りと上塗りには同じ塗料を使うことが多いため、劣悪な塗装店の中には省略してしまう所があります。

実績と経験があり、信頼できる塗装店を選ぶことで、こうしたトラブルは回避したいものです。

また、塗装作業においては、細かい部分も塗り残しが発生してはいけません。

塗装店を選ぶ際には、丁寧な作業を心がけてくれる業者を選びたいものです。

横浜市戸塚区を拠点に営業している大津塗装は、地域密着型の塗装店としてお客様から高い信頼と実績をいただいております。

お客様にニーズに合った塗料を提案するだけでなく、補修や養生などにもこだわりを持って職人一人一人が作業に当たるため、お客様の高い満足度にもつながっております。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁コミコミプランを始めました!

  2. なぜ屋根塗装で足場が必須なのか、その理由を3つ紹介

  3. 横浜市港南区G様邸で外壁塗装

PAGE TOP