横浜市戸塚区で外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市戸塚区K様邸で外壁塗装(ダイナミックTOP)

施工前

施工後

お客様 横浜市戸塚区 K様邸
工事内容 外壁塗装
使用した塗料 ダイナミックTOP

施工ポイント

横浜市戸塚区のK様から外壁塗装のご依頼を頂きました。

外壁塗装は、年月の経過とともにさまざまな原因で劣化していきます。

今回は、再塗装の目安となる代表的な劣化の症状を見ていきましょう。

再塗装が必要な劣化の症状

住宅の外壁は太陽光線に常に晒されているため、時間の経過とともに塗料の色が変化していきます。

赤、紫、黄色、緑色の系統は特に変色しやすい傾向にあるので注意が必要です。

塗料が変色してしまう原因は、日光の紫外線によって塗料の成分が変化してしまうからです。

日光を完全に防ぐことはできないため、どんなにしっかり塗装を行っても、時間とともに本来の色が失われてしまいます。

また、ただ変色するだけでなく、塗料の持つ外壁の保護機能まで低下してしまっていることが考えられるため、変色が進んだと感じられた時は再塗装を検討しましょう。

外壁の表面に粉が発生するチョーキング現象も、外壁の劣化でよく見られる症状です。

手で触れると白い粉や塗料が付着します。

これも日光と塗料が化学変化を起こすのが原因です。

劣化した成分が外壁の表面上に出てくることによって、それが粉となって現れます。

ほうきで払ったり水洗いしたりすることで表面の粉を落とすことはできますが、この現象が現れていること自体が塗料の劣化のサインですので、早めに再塗装を行うべきです。

そのまま放置すると、外壁だけでなく建物の内部まで劣化を進めてしまうことになります。

塗料から柔軟性が失われると、表面が固まって外壁のヒビ割れとなって現れます。

また、コーキング剤も劣化によってヒビ割れを起こします。

ヒビ割れの原因はさまざまですが、これも日光による塗料の化学変化が大きいです。

そのほか、冬場の凍結、車の通行や地震などによる振動、施工不良なども関係しています。

小さなヒビ割れは補修材を使うことで一時的に対処可能ですが、幅が70センチを超えると内部の壁材まで劣化していると考えられるため、応急的な補修ではなく再塗装による対策が必要です。

経年劣化による症状には、塗膜の剥がれや膨らみもあります。

施工の仕方がまずいことでも起こる症状ですが、外壁は常に日光にさらされているため、年月を経るとどうしても起こりやすくなってしまいます。

剥がれたり膨れたりした塗膜はすでに本来の機能を失っているため、早めの再塗装が必要です。

上記のような症状が外壁に見られた際は、早めに塗装業者にご連絡ください。

大津塗装は、横浜市戸塚区の外壁塗装に実績のある施工業者です。

「これはどうなの?」とちょっと気になるだけでも、お気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁塗装の艶ありと艶なしの違い。メリットやデメリットも解説

  2. 戸塚区の方が外壁塗装をする際のカラー選びのポイント

  3. 横浜市西区の店舗内装塗装

PAGE TOP