横浜市戸塚区外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市でマンション外壁塗装(アレスダイナミックトップ)

施工前

施工後

お客様 横浜市 某マンション
工事内容 外壁塗装
使用した塗料 バルコニー外壁:アレスダイナミックトップ
バルコニー天井:アレスノキテンコート
石調:アレスシリコンストーン
ボード天井:アレスダイナミックTOP

施工ポイント

横浜市の某マンションで外壁塗装を行いました。

築20年で初めての塗り替えだったので、下地にヘアクラックが多数見受けられたので、下塗りをマスチック仕様にして、耐久性をあげました。

外壁塗装と一口に言っても、塗装に用いられる塗料には多くの種類があります。

塗料の種類によって特徴や費用。耐用年数などが異なりますし、外壁の素材との相性も異なります。

ここでは、外壁塗装によく用いられる代表的な5種類の塗料を紹介しましょう。

アクリル系塗料
安価でよく用いられることが多いのがアクリル系の塗料です。

費用を安く抑えることができるのが最大のメリットですが、耐用年数は6~7年と短いところがややネックになります。

また、水分を遮る効果が弱く、汚れにも弱いのもデメリットです。

ただし、カラーのバリエーションもたくさんあるので、早いサイクルで外壁を塗り替えたい場合には適しています。

ウレタン系塗料
防水性の高いのがウレタン系の塗料です。

8~10年と耐用年数もある程度あり、価格もわりとリーズナブルですので、コストパフォーマンスは優れていると言えるでしょう。

また、ツヤがきれいに出るというメリットもあります。

伸縮性が高いため、コンクリートやモルタルでも塗装可能です。

ただし、紫外線には弱く、汚れやすいところに注意が必要です。

シリコン系塗料
アクリル系やウレタン系よりも耐用年数が長いのが、シリコン系合成樹脂の塗料です。

以前は価格が高いのがネックでしたが、最近はわりとお手ごろの塗料も出ています。

耐用年数は12~15年ほどで、現在の外壁塗装に用いられる塗料の主流と言えるでしょう。

フッ素塗料
シリコン系の塗料よりもさらに品質が高いのがフッ素塗料です。

耐用年数は15年以上で、環境によっては20年ほどもちます。

不燃性が高いのも特徴で、火事の際に被害を拡大させない効果も期待できます。

ただし、フッ素塗料の価格はまだまだ高いのがネックですし、伸縮性にやや欠けるため、外壁にヒビが入った場合は塗装にもヒビが入りやすいというのが欠点です。

光触媒塗料
外壁塗装に用いられる最高級の塗料が光触媒塗料です。

耐用年数は20~25年と非常に長いうえ、外壁の汚れが雨によって流れ落ちるクリーニング機能も備わっています。

価格は高いですが、外壁の美しさを長く保持するにはぴったりの塗料です。

最適な塗装を選ぶには専門知識が必要
このように、外壁塗装に用いられる塗料にはいくつかの種類がありますが、外壁の素材によっては特定の種類の塗料を使うと、かえって劣化が進んでしまうものもあります。

塗装の知識がない方にとってご自宅に最適な塗料を選ぶことは困難ですので、横浜市戸塚区で外壁塗装を検討中の方は、ぜひ大津塗装までご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁コミコミプランを始めました!

  2. なぜ屋根塗装で足場が必須なのか、その理由を3つ紹介

  3. 横浜市港南区G様邸で外壁塗装

PAGE TOP