横浜市戸塚区外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市戸塚区Fアパートで外壁塗装

施工前

施工後

お客様 横浜市戸塚区 Fアパート
工事内容 外壁塗装

施工ポイント

横浜市戸塚区のFアパートの外壁塗装のご依頼を頂きました。
オーナー様ありがとうございます!

外壁塗装にはある程度の時間が必要です。

塗装する面積や施工する業者によって多少違いはありますが、一般的には2週間程度は見ておかなければなりません。

また、雨や雪の日には作業ができませんし、気温の低い日は塗料の乾燥に時間がかかるため、季節によってはもっと工期が延びることもあります。

外壁塗装の工事中は足場とネットで住宅を覆う必要があるので、短くない期間、ふだんの暮らしに影響が出ることを覚えておきましょう。

施工業者はなるべく生活に支障が出ないように配慮して作業を進めてくれますが、ふだん通りの生活とは多少異なることがあることは覚えておいてください。

外壁塗装工事中に感じられる不便

外壁塗装工事の期間中、まず不便に感じられるのが家の中が暗くなることです。

足場を設置して、さらにその周囲にネットを覆うため、外部からの光が入りにくくなることは避けられません。

メッシュのネットなので雨戸を閉め切った時のように真っ暗になるわけではありませんが、昼間でも照明が必要になることもあります。

基本的に工事中は窓を閉めておかなければならないため、家の中の通気も悪くなります。

好きな時に自由に換気することは難しくなるでしょう。

それに、塗料のにおいや工事の音もありますので、作業に差し支えなくても窓は閉めておいたほうがよいです。

また、エアコンや換気扇は使用できるようにしてくれる業者が多いですが、作業工程によっては一時的に使えなくなることも考えられます。

換気をどうするかの対策は事前に考えておきましょう。

また、ベランダなどに洗濯物を干しているお宅では、塗装工事期間中はそれができなくなります。

業者は塗料が飛散しないように養生してくれますが、完全に防げるわけではありませんし、においの付着もあるので、工事期間中はコインランドリーを利用するか、部屋干しでしのぎましょう。

防犯にも注意
日中は仕事や学校などで誰も家にいないのなら、生活にそれほど大きな影響は感じないでしょう。

しかし、留守がちのお宅の場合、防犯対策をしっかり立てておく必要があります。

横浜市戸塚区で外壁塗装のことなら大津塗装におまかせください。

地元密着で地域のみなさまとの関係を大切にしている会社ですので、お客さまに不便を感じさせないよう十分に配慮して作業することをお約束します。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁コミコミプランを始めました!

  2. なぜ屋根塗装で足場が必須なのか、その理由を3つ紹介

  3. 横浜市港南区G様邸で外壁塗装

PAGE TOP