横浜市戸塚区で外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市戸塚区K様邸で外壁塗装

施工前

施工後

お客様 横浜市戸塚区 K様邸
工事内容 外壁塗装

施工ポイント

横浜市戸塚区のK様から外壁塗装のご依頼を頂きました。

当初K様は色選びに悩まれていました。ただお客さまにとって、外壁塗装でいちばん楽しいのが、どんな色を使うおうかと考える時ではないでしょうか。

しかし、外壁の色はその住宅の第一印象を決める重要な要素です。

また、頻繁に塗り替えるものではないので、色の選択には慎重を期す必要があります。

ここでは、失敗の少ない外壁塗装の色選びについてお伝えしていきます。

細かい部分ではなく全体のイメージを決める

部分部分異なる色を使って鮮やかな外壁にしたいという方もいらっしゃいますが、いきなり細かい部分の色から決めていくと、完成した時に色味がちぐはぐになってしまうこともあります。

最初は家全体をどのようなイメージに統一したいのかを考えて、色の系統を選ぶのがおすすめです。

「全体的にベージュを使ってナチュラルな雰囲気を出したい」、「ブラウンで木のぬくもりを出したい」などと方針を決めておくと、細かい部分の色も後から決めやすくなります。

周囲の環境とのバランスを考える

外壁塗装にどんな色を選ぶかはお客さまの自由ですが、周囲の環境や近所の建物とのバランスも考慮しなければなりません。

本人は良くても、あまりに奇抜な色では周囲から浮いてしまいますし、場合によっては景観を損ねるなどと苦情が発生する恐れもあります。

やや遠方から自宅を見て、どんな色が環境に馴染むかを考えましょう。

色見本と実物の違いに注意する

カタログの色見本では良いと思った色でも、実際に仕上がった時にイメージと違うということもあります。

カタログの色見本は小さいため、住宅の外壁のような広い面積で見た時と印象が異なるのは仕方ありません。

面積が大きくなるほど薄く明るく見えやすいため、色見本ではイメージよりもやや濃い色を選ぶと思った通りの仕上がりになりやすいです。

隣り合う色同士のバランスも大切

1色ではなく何色かを使って塗装する場合は、隣り合う色同士のバランスも考えなければなりません。

たとえばグレーで塗装する場合、その隣の部分が黒か白かによってグレーの明るさが異なって見えます。

部分部分だけを見て色を決めるのではなく、全体のバランスで配色を考えましょう。

色選びに迷った時は専門業者に相談しよう

外壁塗装の塗料を選ぶのはワクワクする時間ですが、以上見てきたように、実際には多くの要素を考慮して全体のバランスから考えていかなければなりません。

といっても、特に初めて外壁塗装しようという方にとって、自分だけで決めるのは難しいのではないでしょうか。

そういう時は外壁塗装のプロに相談するのがおすすめです。

横浜市戸塚区の外壁塗装のことなら、大津塗装におまかせください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁塗装の艶ありと艶なしの違い。メリットやデメリットも解説

  2. 戸塚区の方が外壁塗装をする際のカラー選びのポイント

  3. 横浜市西区の店舗内装塗装

PAGE TOP