横浜市戸塚区で外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
外壁塗装

横浜市戸塚区W様邸で外壁塗装

施工前

施工後

お客様 横浜市戸塚区 W様邸
工事内容 外壁塗装
使用した塗料 壁:フッ素Revo
付帯部:セラエムフッ素

施工ポイント

横浜市戸塚区のW様邸で外壁塗装をしました。

外壁、付帯部にフッ素塗料を使用したことにより、塗り替えサイクルを15-20年に伸ばすことが期待できます。

アステックペイントの「フッ素REVO塗料」について説明します。

フッ素REVO塗料は、フッ素樹脂を主成分とする高性能な塗料です。

フッ素樹脂は、非常に強い耐久性、耐候性を持ち、塗装面を長期間保護することができます。

これらの特性により、フッ素REVO塗料は建物の外壁など、過酷な環境にさらされる場所に最適な塗料とされています。

耐久性と耐候性: フッ素樹脂には、紫外線や酸性雨、汚れに強い特性があります。これにより、塗装面は長期間にわたって劣化しにくく、美観を保つことができます。

汚れにくさ: フッ素樹脂の滑らかな表面は、汚れが付着しにくく、また雨などで汚れが洗い流されやすい性質を持っています。

環境適応性: 様々な気候条件下での性能を発揮します。寒冷地から高温多湿の地域まで、幅広い環境で使用できるのが特徴です。

色の持続性: フッ素塗料は色あせに強く、長期間にわたって原色を維持します。

コストパフォーマンス: 初期費用は高いですが、長期間の耐久性により、塗り替えの頻度が減るため、トータルコストは削減されます。

フッ素REVO塗料は、特に商業ビルや高層建築物、そして一般住宅の外壁など、長期間にわたって美観と機能性を保つ必要がある場所に適しています。

耐久性と環境適応性を考慮すると、初期投資の価値は非常に高いと言えるでしょう。

外壁塗装をお考えなら、横浜市戸塚区の大津塗装までご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 大津塗装の業務案内

  2. 戸塚区の大津塗装に寄せられるよくある質問について解説

  3. 横浜市泉区S様邸で外壁塗装(ダイナミックTOP)

PAGE TOP