横浜市戸塚区で外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
ブログ

泉区の方は必見!ラジカル制御塗料とは?メリットやデメリットについても解説

外壁塗装を考えている人は「ラジカル制御塗料」について聞いたことがあるかもしれません。

近年、ラジカル制御塗料は注目を集めていますがどんな塗料なのでしょうか。

ラジカル制御塗料とは

ラジカル制御塗料とは「ラジカル制御型の酸化チタン」と「光安定剤(HALS)」の二つを使用している塗料のことを指します。

そもそも「ラジカル」とは、塗料の調色の際に使用する酸化チタンから発生するエネルギーのことです。

ラジカルは塗料に太陽光からの紫外線が当たることが原因で発生しますが、塗料を劣化させてしてしまう働きがあります。

ラジカルが原因で塗膜が劣化して色褪せてしまったり、チョーキング現象が起こったりします。

チョーキング現象とは、塗料の原料の一つである顔料がチョークの粉のように浮き出てきてしまう現象のことを言います。

ラジカル制御塗料には「ラジカル制御型酸化チタン」が使用されていますが、これはラジカルの発生を抑える働きがあります。

ラジカルを発生させないようにするためには酸化チタンを使わなければ良いのではないかと思う人もおられるかもしれませんが、酸化チタンは下地の色を隠す効果を高める効果もあり、塗料の調色には欠かせない顔料の一つです。

ラジカル制御型酸化チタンはラジカルが発生してもそれを閉じ込めることのできる構造をしているため、塗料そのものが劣化することを防ぐことのできる画期的な酸化チタンと言えます。

また、ラジカル制御塗料には「光安定剤(HALS)」と呼ばれる溶剤も含まれています。

「光安定剤」は添加剤です。

ラジカル制御型酸化チタンはラジカルを閉じ込める働きをしますが、100%閉じ込めることは不可能です。

光安定剤はラジカル制御型酸化チタンを補うためのもので、漏れ出したラジカルを捉える働きをします。

ラジカル制御塗料と従来のシリコン塗料の違い

一般的に外壁塗装に使用される塗料は「樹脂」と「顔料」と「添加剤・水」で構成されています。

さらに「樹脂」にはシリコン系樹脂やアクリル系樹脂や無機フッ素系樹脂などの種類があります。

シリコン塗料と呼ばれているものは、シリコン系樹脂に酸化チタン(顔料)と添加剤・水を調合して作られたものです。

一方、ラジカル制御塗料は上記でも説明したように、顔料として酸化チタンの代わりにラジカル制御型酸化チタンを、添加剤に光安定剤を使用しているものを指します。

つまり、樹脂にシリコン系のものを使用している塗料で顔料に酸化チタンが使用されている塗料は「シリコン塗料」と呼ばれますが、樹脂にシリコン系のものを使用しており顔料にラジカル制御型酸化チタン、添加剤に光安定剤を使用していれば「ラジカル制御型シリコン塗料」と呼ばれます。

これが樹脂にアクリル系のものを使用している塗料で顔料が酸化チタンの場合であれば「アクリル塗料」と呼ばれますが、アクリル系樹脂にラジカル制御型酸化チタンと光安定剤が調合されている場合は「ラジカル制御型アクリル塗料」と呼ばれるようになるわけです。

ラジカル制御塗料のメリットやデメリット

ラジカル制御塗料にはいくつものメリットがあります。

一つ目のメリットはコストパフォーマンスが高いことです。

従来のシリコン塗料との違いでも説明したように、シリコン塗料とラジカル制御型シリコン塗料との大きな違は顔料が違うという点です。

つまりベースとなる樹脂は同じですが、耐久性などの性能が大きく向上しているという特徴があります。

一から新しい塗料を開発・生産するとなると大きなコストがかかります。

一方、ラジカル制御塗料はベースとなる樹脂はこれまでと同じものを使用するため、開発や生産にそれほど大きなコストがかかりませんでした。

結果としてラジカル制御塗料は性能面では大きく向上しましたが、価格面では大きく値上がりをしなかったため非常にコストパフォーマンスの良い塗料と言えます。

二つ目のメリットは劣化を抑える効果が高いことです。

ラジカルが発生すると塗料の塗膜は劣化して色が褪せていきます。

色褪せが目立つと外壁塗装をし直さなければならなくなりますし、もしもチョーキング現象が発生した場合にはひび割れなどの問題が発生する恐れもあります。

ラジカル制御塗料は塗膜の劣化を防ぐ効果があるため、チョーキングが発生しにくい塗料と言えます。

さらにラジカル制御塗料は汚れも付着しにくいという特徴もあります。

つまり、紫外線や雨風にさらされる外壁の耐久性を高め、色やツヤも長持ちするのがラジカル制御塗料の大きな特徴です。

従来の塗料に比べて寿命が長く、次回の外壁塗装までキレイな外観を保つことができるのは大きなメリットであると言えるでしょう。

一方でラジカル制御塗料のデメリットとなるのは施工実績が少ないことです。

従来のシリコン塗料と比べてラジカル制御塗料にはたくさんのメリットがありますが、発売からまだ日が浅いため知名度が低く、取り扱っていない業者も多くあります。

外壁塗装やラジカル制御塗料について詳しく知りたい方はぜひとも横浜市戸塚区の大津塗装にお問い合わせください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 横須賀市K様邸で内壁塗装(アレスワイドグリップ)

  2. 横浜市戸塚区F様邸で屋根外壁塗装(ダイナミックルーフ)

  3. 外壁コミコミプランを始めました!

PAGE TOP