横浜市戸塚区外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
ブログ

戸塚区の方が外壁塗装を行うタイミングの判断材料について説明します!

外壁塗装のタイミングと塗料の耐用年数

こんにちは大津塗装です。

業者が手抜きすることなく外壁の塗装工事に取り組んだとしても、いずれ再度の塗装工事が必要になります。

前回の塗装工事で使用した塗料、現在の外壁の状況などから、最適な塗装工事の時期を見極めるのが理想です。

しかし、最適なタイミングを見極めるのはかなり難しいので、まずは前回の塗装工事で使用した塗料の耐用年数を参考に、次の塗装工事の大まかなタイミングを意識するところから始めてください。

塗料の種類によって耐用年数は異なっており、アクリル塗料は耐用年数が5年から7年、ウレタン塗料は耐用年数が8年から10年と短めです。

一方、シリコン塗料は耐用年数が10年から15年、フッ素塗料は耐用年数が15年から20年ほどと長めです。

もっとも、近年はシリコン塗料が手を出しやすい価格になってきたこともあって、アクリル塗料やウレタン塗料はあまり使用されていません。

基本的にはシリコン塗料か、それ以上に耐用年数が長い塗料が使われるため、塗料が本来の力を発揮した場合、外壁を守る機能は長きに渡って保たれます。

しかし、安価なグレードの塗料を使用した場合や、劣化の進行を促す要因がある場合は、外壁を守る効果が耐用年数の上限まで発揮される可能性は低いのが実情です。

 

耐用年数に幅があるのは、同じ種類の塗料であってもグレードにより性能に差が生まれるためで、シリコン塗料の場合、強溶剤の二液タイプのような上位グレードであれば、耐用年数の上限近くまで長持ちする可能性が高まります。

逆に、安価な水性の一液タイプでは、耐用年数の下限の10年ほどで外壁を保護する機能が衰えてもおかしくはありません。

また、塗装工事を行った外壁は一律に劣化が進むわけではなく、場所によって劣化の程度に差が生まれるのが普通です。

外壁のうち劣化が進みやすいのは日向で、太陽光が当たりやすい日向は紫外線による悪影響を受けやすく、一般的な一戸建て住宅では日向に当たる南側ほど劣化のリスクが高まります。

また、近くを電車が走っていたり、近くの道路で自動車の交通量が多かったりする場合は、電車や自動車の走行に伴う振動でひび割れの症状が起きかねません。

このような理由により、塗料の外壁を守る効果が耐用年数の上限まで出続けるとは限らないので、耐用年数の下限の時期が近づいてきたのであれば、外壁の状態を定期的に確認する癖をつけておきたいところです。

グレードの低めな塗料を使用したのであれば、耐用年数の下限の時期を目処に新たな塗装工事を検討するのもよいでしょう。

 

早めの塗装工事が必要となるケース

ただし、場合によっては塗料の耐用年数の下限より前に、新たな塗装工事が必要となる場合もあるので注意が必要です。

前回の塗装工事に問題があったり、地震や強風などの被害を受けたりした場合、短期間で外壁の劣化が進むことも珍しくはありません。

塗装の塗り回数を減らすなどの手抜き工事が行われれば、高性能な塗料であっても、その力を十分には発揮できません。

また、地震や強風による強いエネルギーが外壁に加われば、たとえ塗装工事に問題はなくても、一気にひび割れなどの症状が出かねないのです。

一部分であっても劣化が進行しているのであれば、塗料の耐用年数の下限までまだ時間があるとしても、新たな塗装工事を検討する必要があります。

ただ、外壁の劣化を一目で見抜けるケースは少なく、信頼できる塗装業者にチェックしてもらわないとはっきりしたことは分かりませんが、それでも覚えておきたい危険な症状はいくつかあります。

 

外壁の代表的な劣化サインが、手で外壁に触れた際に塗料と同じ色の粉が指についてしまうチョーキングです。

塗料の外壁を保護する力が弱まると、チョーキングの症状が見られるようになるため、部分的にであってもチョーキングの症状が出てきたのであれば、塗装工事の検討を始めるのが無難です。

ひび割れはすぐに対処が必要な危険なものばかりではありませんが、構造クラックと呼ばれるひび割れは放置してはいけません。

地震や強風などの外的な強い力が加わる、劣化が進んでいるのに外壁塗装を行わない状態が続く、などの理由により起こる恐れがあるのが構造クラックで、問題が一戸建て住宅の構造部分にまで及んでいるため非常に危険です。

ひびの大きさは重要なポイントで、国土交通省は0.3mmを超える大きさのひび割れは構造クラックと定義しています。

ただ、外壁の劣化具合を目視で確認するのが難しいように、構造クラックか、危険性の少ないヘアークラックかを見た目で判断するのは困難です。

しかし、明らかに0.3mmよりも大きなひび割れがある場合や、地震や強風などの自然災害の直後にひび割れが現れた場合は、一戸建て住宅の構造にまでダメージが及んでいる可能性があるので、すぐに塗装工事の検討を始めたいところです。

 

横浜市戸塚区を始めとして神奈川県全域で活動している大津塗装は、現地調査を無料で行っています。

外壁の状態に気になるところがあるなら、お客様のためになる施工を心がけている大津塗装まで気軽にお問い合わせください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁コミコミプランを始めました!

  2. なぜ屋根塗装で足場が必須なのか、その理由を3つ紹介

  3. 横浜市港南区G様邸で外壁塗装

PAGE TOP