横浜市戸塚区外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
ブログ

屋根塗装をお得に行う上で大事なポイントとは

割安な塗料がお得とは限らない

こんにちは大津塗装です。

屋根塗装をお得に行うためのポイントはいくつかあり、まず押さえておきたいのが塗料です。

塗料は紫外線や雨などの悪影響を抑える働きがありますが、性能や費用は塗料の種類によって大きく異なるため、目的にあわせた塗料を選定することが非常に大事です。

アクリル塗料やウレタン塗料は安く、費用面で優れているように感じられるかもしれませんが、コストパフォーマンスは決してよくはありません。

塗料はそれぞれ耐用年数が異なり、アクリル塗料の耐用年数は5年から7年、ウレタン塗料の耐用年数は8年から10年です。

他の塗料と比べるとアクリル塗料やウレタン塗料の耐用年数は短く、しっかりとした塗装工事が行われたとしても、比較的短期間で次の屋根塗装が必要となります。

また、アクリル塗料やウレタン塗料はいずれも紫外線に弱いため、耐用年数の間、ずっと屋根を守る効果が発揮されるとは限りません。

耐用年数より短い期間で屋根を守る効果が大きく低下し、次の屋根塗装が必要となる可能性がそれなりにあるのが実情です。

 

アクリル塗料やウレタン塗料を使用すると、屋根塗装の回数が増えやすく、結果的に屋根塗装に費やすお金が膨らむ恐れがあります。

逆に、高性能で耐用年数が長めの塗料を使用した場合、1回当たりの屋根塗装の費用は膨らむものの、次の屋根塗装までの期間を大きく延ばせるので、結果的にトータルの費用は減らせるわけです。

耐用年数が15年から20年のフッ素塗料、耐用年数が20年から25年の無機塗料は、屋根塗装をお得に行う上で役立ってくれる塗料です。

フッ素塗料や無機塗料は汚れの付着を防ぐなどの効果を持っており、性能面でも優れていますが、一方で一戸建て住宅向けの塗料としてはさほど普及していないため、全ての業者がこれらの塗料の扱いに慣れているわけではありません。

また、地震や強風の被害に遭うなど不測の事態が起こった場合は、耐用年数の期間内であっても、新たな屋根塗装が必要になる恐れはあります。

デメリットも存在するため、耐用年数が長めの塗料が必ずしも最適とは限りませんが、次回の屋根塗装までの期間を延ばすため、フッ素塗料や無機塗料などの使用を検討してみるのも手です。

 

工事の回数と下請けの問題

先に書いたように、アクリル塗料やウレタン塗料は再度の塗装工事が必要になる可能性が高いのが難点です。

アクリル塗料やウレタン塗料がリーズナブルであれば、塗装工事を複数回行ってもよいではないかと思われるかもしれませんが、塗装工事の回数が多いとコスト面での負担は増します。

特に厄介なのが、工事の費用のおよそ20%を占める足場代と、およそ30%を占める人件費で、屋根塗装の回数が増えれば、足場代と人件費により費用がかさむのも当然です。

足場の設置に20万円、人件費に30万円がかかる場合、15年で3度の屋根塗装を行えば足場代として60万円、人件費に90万円がかかる計算です。

たとえアクリル塗料やウレタン塗料が安価であっても、複数回の屋根塗装を行えば、コスト面での優位性は失われます。

足場代と人件費を最小限に抑えるためには、屋根塗装を何回も行わないようにすることが大事です。

直近に外壁塗装を行っている場合はともかく、そうでないのなら、屋根塗装と外壁塗装をまとめて行うようにするのが有効です。

両者をバラバラに行えば足場代、人件費の負担が増すので、両者をまとめて行いコストをカットするのがよいでしょう。

 

屋根塗装の費用を減らすためには、下請けに塗装工事を任せるようなところを選ばないようにすることも大事です。

お客様と契約を結んで仕事を請け負う企業は元請け、元請けの依頼を受けて仕事を担当する企業は下請けと呼ばれます。

元請けの全てが下請けに屋根塗装の仕事を任せているわけではありませんが、下請けに任せるところに依頼してしまった場合、費用が割高になりやすく、さらに下請けの屋根塗装の技量が十分とは限らないのが難点です。

下請けの問題点の1つが中間マージンで、複数の企業が関わると、お客様が支払う費用に中間マージンの分が上乗せされます。

そのため、自ら屋根塗装を行う企業と、下請けに任せる企業を比較した場合、屋根塗装の内容が同じなら下請けに任せる企業の方が割高になるのが普通です。

また、下請け業者の実力が未知数なのも厄介な点で、実力がない下請け業者が仕事を担当する恐れも十分にあります。

元請けが下請けに仕事を任せる場合、お客様は担当する下請け業者を選ぶことはできないので、実力や態度などに問題がある業者に当たることもあり得るのです。

元請け自ら屋根塗装を行うところが必ずしも優良企業とは限らないものの、屋根塗装の費用を抑えるのであれば、下請けに任せるような企業は避けた方が無難です。

 

大津塗装は、横浜市戸塚区を中心とした地元エリアで、多くの一戸建て住宅の塗装工事を手掛けてきました。

地域密着の自社施工店であり、費用に中間マージンが上乗せされることはありませんので、屋根塗装の費用をなるべく抑えたいとお考えでしたら大津塗装にご連絡ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 外壁コミコミプランを始めました!

  2. なぜ屋根塗装で足場が必須なのか、その理由を3つ紹介

  3. 横浜市港南区G様邸で外壁塗装

PAGE TOP