横浜市戸塚区で外壁塗装なら大津塗装へ

電話
問合せ
メール
問合せ
ブログ

戸塚区の方が外壁塗装をする際のカラー選びのポイント

外壁塗装を行う時に最も気になるのはどんなカラーにしようかということでしょう。

現在、外壁塗料の種類はとても増えており、それに伴いカラーバリエーションも増えています。

選択肢が多いのは消費者にとって嬉しいことですが、気軽に塗り替えることもままならない外壁なので色選びは慎重に行いたいと思うはずです。

戸塚区の方で、外壁塗装をする際のカラーを選びのポイントは何でしょうか。

基本的なカラーのバリエーションと特徴

まず基本となるカラーのバリエーションとその特徴を把握しておくことは大切です。

ベースとなる色を選んでからだと最終的なカラーを絞り込んでいくことが容易になるからです。

基本的なカラーのバリエーションはホワイト、グレー、ベージュ、ブラック、ブラウン、ブルーなどです。

ホワイトやグレーやベージュは最もポピュラーなカラーと言えるでしょう。

その中でもホワイトは特に清潔感があり、全体的に明るいイメージになります。

グレーの特徴は汚れなどが目立ちにくいこと、全体的に落ち着いたイメージになることです。

ベージュは多くの家の外壁に使用されているカラーなので悪目立ちすることなく周囲に馴染みやすいカラーと言えます。

ブラックはモダンでスタイリッシュ、オシャレで都会的なイメージがあります。

ブラウンもグレーのような汚れが目立ちにくく落ち着いたイメージですが、重厚感があります。

ブルーは高級感を持たせつつも明るくフレッシュなイメージになります。

他にもグリーンやレッド、イエローなどのカラーもありますが、これらのカラーは個性が強いため上級者向けのカラーと言えるかもしれません。

無難であること、失敗しないことを前提にカラーを選ぶ場合には淡い色の方が良いでしょう。

具体的に挙げればベージュやクリームやグレーなどです。

目的から選ぶ方法

外壁に使用したいカラーにこれといったこだわりが無い場合、目的を考えて色選びするのも一つの方法です。

例えば、「なるべく汚れにくいカラーにする」という目的があるならばそれに沿った色を選んでいきます。一般的に汚れが目立ちにくいカラーはグレーやブラウンです。

一方で汚れが目立つカラーはホワイトやブラックです。

外壁の汚れの多くは土などのホコリやコケなので、はっきりした色であるホワイトやブラックでは目立ちやすいと言えます。

ブラックは汚れが目立ちにくいと思われがちですが、外壁には当てはまらないことを覚えておきましょう。

外壁では汚れの原因になる土やホコリの色に似ているグレーやブラウンが最も汚れが目立ちにくいカラーです。

「断熱効果のあるカラーにする」という目的がある場合におすすめのカラーはホワイトか薄い色です。

日差しの強い国の家に白壁が多いのも、ホワイトは熱に強いカラーだからです。

なぜならホワイトは太陽光を反射させる特徴があるため表面温度が上がりにくいからです。

逆に光を吸収する働きのあるブラックは熱に弱いカラーです。

ブラックは太陽光が原因で温度が上がりやすく、それゆえに劣化も早いと言えます。

「周りの家との調和」を目的とする場合はベージュやホワイトやグレーが良いでしょう。

これは家の外壁に使用されているカラーにベージュ系やホワイト系やグレー系が多いことが理由です。

これらのカラーは外壁の定番色とも言えるので、ベージュやホワイトやグレーを選べば周りから浮いてしまったり、変に悪目立ちしてしまうことを避けることができるでしょう。

大きな失敗は避けることができますが、面白みもないのでもっと個性的なカラーが良いと思う人はブルーやグリーンやイエローなどの原色を選ぶと良いでしょう。

なお価格はどのカラーでもほとんど同じです。

非常に特殊なカラーの場合は調色に手間がかかるので割高になることがありますが、ベーシックなカラーの場合はどの色を選んでもほとんど同じくらいの価格になります。

時折、塗装業者が特定のカラーを値引きすることがありますが、これは在庫などの調整のためにそうしたサービスをすることがあるからです。

2色塗りをする時のカラー選びのコツ

外壁を単色塗りではなく2色塗りにする場合、組み合わせにもちょっとしたコツが求められます。

最も無難なパターンは同系色の組み合わせです。

さらに外壁と屋根の色も同系色で合わせると全体的にまとまります。

もちろんカラーの組み合わせは際限なくあるので最終的にはオーナーさんの好みとセンスになりますが、基本を押さえつつ塗装業者と相談しながら決めていくと失敗を避けられるでしょう。

なおカタログだけでカラーを選ぶと塗り終えた後にイメージと違うことが生じ得ます。

これはカタログのカラー見本は小さなサンプルなので、実際に壁などの大きい面に塗ると違った見え方になるからです。

例えば、淡い色は面が広いと明るく見える傾向がありますし、逆に濃い色は面が広くなると暗く見える特徴があります。

外壁塗装の色選びにはやはりプロのアドバイスやサポートが不可欠です。

横浜市で外壁塗装を考えている人は戸塚区の大津塗装にお問い合わせください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 横浜市戸塚区Sマンションの屋上アスファルト 防水

  2. 戸塚区の方が外壁塗装を行うタイミングの判断材料について説明します!

  3. 横浜市南区W様邸で外壁塗装

PAGE TOP